2009年06月10日

青年の希望

本日は、文先生の青年へのみ言葉をご紹介します。
1974年米国ニューヨークベリータウンで語られた「国際指導者セミナー」での講演文をご紹介します。
「青年の希望」
希望を抱かない青年はいません。
では、その希望、あるいは野心とは何でしょうか。
「専攻する分野で成功することが私の野心です」という人もいるでしょう。しかしそう答える人に「それが本当にあなたの野心なのですか」と真剣に問うてみる時、それを本当に確信している人はそれほど多くはいないことが分かります。そしてその野心を達成した時に、再び新しい野心に向かって出発しなければならなくなるのです。こういうことはよくあることです。例えば教授として成功し、教壇に毎日立っていても、突然、これは自分がずっと求めてきた野心ではない、ということに思い至ることもあるでしょう。
たとえ自分の野心を達成したとしても、「私はそれを成し遂げ、本当に幸福であり満足している。」と感じることの出来る人はほとんどいません。いったんある段階に達したならば、それを乗り越えていきたいと思うようになるものです。言い換えれば、人は現実にとどまることなく、それを乗り越えていきたいと思うのです。
それではいったい、究極の青年の希望、あるいは野心とは何でしょうか。
たとえ、どんなに一生懸命やったとしても、その野心を達成した時「私は幸せです。野心を成し遂げたからです。」と言う事も、またそれを聞くこともありません。どんなに世界的人物になろうと、さらに高い目標を目指さなければならなくなるからです。
それでは、若者はいったい何を望んでいるのでしょうか。それは、永遠に代わることのない世界の中心存在になること、これが青年の野心ではないでしょうか。しかしたとえその野心を成し遂げることができたとしても、もしその人が人格的に完成されていなければ、彼は人間として不幸といえるでしょう。

a250.jpg
希望は私自身の中から出発する
私たちは、どれほどの幸福感を感じれば、満足することができるのでしょうか。
このことは、私達が考えるべき重大なテーマの一つです。
貴方が今まで知り合ったどんな若者でも、「国を越えて世界的になろう」という野心は持っています。しかし、たとえ形だけその基準が立ったとしても、それは真の理想にはなりません。真の理想とは自分自身から出発してこそ、存在可能となるものです。
結論を言えば、青年の基本的希望と野心とは、私自身の内の一つの中心点から出発し、世界に向かっていくものでなければならないということです。
次に私達が「完成する」とはどういうことをいい、また私たちの希望の中心とは何でしょうか。
世界の中心となれる、その確かな中心性を持った人がいるとすれば、その人は過去において幸福だったでしょうし、現在および未来においても幸福であるでしょう。
世界中の人々がそのような人を見つめるならば、その人を最も頼もしく
、素晴らしい人だと思うでしょう。
全ての人がそのような人に自分自身を委ねたいと願うことでしょう。
そのような理想人物は歴史を通じて、終始一貫して認めて来たに違いありません。それでは、そのような人物は、どのように存在可能となるのでしょうか。
理想的な青年像は、全ての国を包容出来る力を持ち、世界を、また、過去、現在、未来を代表し得るような青年像であるべきです。
もしそのような一人の青年が地上にいるとするならば、彼は世界の宝となるでしょう。
皆さんも良く知っているように、貴重な宝はすぐにはなくなりません。
それらは必ず、不滅の性質をもっています。また、そのような青年像は全体を反映します。
私たちはすべて、そのような青年像を追及しなければなりません。
そこで私たちはまず、「人間」それ自体について考えなければなりません。
一人の人を見る時、私たちは、その人の内的なものと、外的なものとの二面を見ます。
またその一人の人間の中に、「理想を成さなければならない人」と、「肉的存在としての人」との二面を見ることができます。
それでは、理想とはなんでしょうか。
理想とは、すべての人にあてはまり、だれも除外することのできないものです。
理想はすぐには現れませんが、しかし永遠のものです。

〜次回に続く〜

中心性を持ったぶれない若者となりたいものですね!!!
タグ:希望
posted by ハーモ at 19:52| Comment(66) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。